×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

耳鳴りで休職をする

耳鳴りで休職するについて

耳鳴りが酷く、休職を考えている場合は
それなりの手続きをしなければなりません。

 

休職というと会社の就業規則をきちんと把握することが大事です。

 

耳鳴りで休職というケースは「うつ病」などに比べると
少ないケースですが、耳鳴りと同時にめまいがする事や
難聴のような聴こえにくい症状が出ている場合もありますので
仕事をする上で支障がかなりでてしまう症状の1つです。

 

 

 

休業をするにはほとんどの場合、医者(主治医)の診断書が必要になると
思います。

 

 

あなたと主治医との話し合いや症状の重さや検査の結果を総合的に診て
医者が「これでは仕事を続けるのが困難」との判断があれば
診断書にその旨を記入してくれるという順序です。

 

 

ですからまず、病院での検査をしてもらうことが先決ですね。

 

 

そして忘れてはならないのが、いきなり診断書を持っていき
「休業させてもらいます」と会社の上司に言っても
急にビックリさせてしまうので、症状があることを事前に伝え

 

「今耳鳴りが酷く、病院に行っているのですが、医師の判断の元、休業させてもらうかもしれません」

 

その皆をお話しておくことが必要です。

 

 

 

休業期間ですが、これも各会社によって異なり
勤続年数によって変わる会社が多いようです。

 

 

会社都合ではない休職、本人の都合にあたるうつ病や耳鳴りでの休職は
【私傷病休職】という区分になり
基本、収入は無くなってしまうのがほとんどです。

 

 

 

ですのでこの休業中は事業主から十分な報酬が受けられない場合に
傷病手当金というものを受け取ることができます。
(これは会社から支給されるものではありません)
健康保険による支給制度です。

 

 

 

休職をする場合は復職についてもしっかりと把握しておいてください。
休職期間で症状の改善がみられない、となってしまうと
最悪、退職・解雇という事態にもなりかねませんので
しっかりと耳鳴りの症状を治せる休養と方法が必要です。

 

 

ですが、もし、

 

病院に行ってもなかなか改善の兆しがない・・
休職期間中に治さなければならないのに・・という不安があるのであれば

 

当サイトで紹介していますこの
サトウ式耳鳴り・めまい・難聴改善術がお役に立てます。
↓ ↓ ↓
サトウ式耳鳴り・難聴・めまい改善術

 

 

 

上記の情報は一般的記載ですので、この休職制度に関してはあなたの会社の規則に従い
進めていただくようお願い致します。